×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

敏感肌は保湿で改善しよう

肌の水分を逃がさないスキンケア

肌が敏感な人は、肌がとても乾燥しやすく、肌が乾燥するとさらに敏感肌の症状がひどくなってしまいます。乾燥が進むと肌が粉をふいたようになったり、かゆくなったり赤みが出たりします。そのため、敏感肌をケアしたいのならまずしっかりと保湿してあげることが大切です。

敏感肌は肌表面の最も外側にある角質と呼ばれる部分のキメが乱れ、隙間ができてしまっているため放っておくとどんどん水分が逃げていってしまいます。この水分蒸散を防ぐには、保湿成分が豊富に入った化粧品で角層を保護することが必要なのです。

保湿成分として特におすすめなのが、肌のバリア機能を助ける働きのあるセラミドです。肌表面で肌の内側から水分が逃げるのを防ぐことができるため、乾燥が進むのを抑えて敏感肌の症状を和らげることができるのです。

誰もが知っている美容成分、そんなに効果は期待できない?

真皮まで成分は浸透しません

保湿効果のある成分と言えば、まずコラーゲンやヒアルロン酸を思い浮かべる人が多いでしょう。どちらも肌の若々しさを保つのに欠かせない成分として知られています。コラーゲンは肌の内側でスプリングのように肌を支えてハリを保ち、ヒアルロン酸は肌の内側をゲルのような状態で満たしてうるおいを保持します。

しかし、コラーゲンやヒアルロン酸を含む化粧品を肌につけたからといって、肌にあるコラーゲンやヒアルロン酸を増やすということにはつながりにくいでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸は表皮の奥の真皮という部分に含まれていますが、肌の表面につける化粧品ではそこまで浸透させることができません。

もちろん、保湿力はあるので肌の表面につけて水分を保持するのに役立てることはできます。とはいえ、肌表面につけるなら角質の細胞間脂質にもともと含まれていて、水分や油分を抱え込む力があるセラミドを補給してあげるのがより自然な形だと言えるでしょう。

ディセンシア つつむで保湿成分を浸透

ヒト型ナノセラミドで乱れた角層を修復

ディセンシアのベーシックケア商品、「つつむ」は敏感肌のために作られた基礎化粧品です。海底の特殊な粘土であるベントナイトを配合、板状構造で肌に密着するため角質の上に膜を作り、外の刺激から肌を守って敏感肌に起こりがちなトラブルを防いでくれます。

さらに、人体に含まれるセラミドと同じ構造を持つヒト型ナノセラミドを配合、不足した細胞間脂質の中に自然と入り込んでぴったりと隙間を埋めてくれます。浸透力が高いので角層のすみずみまでうるおし、角層をふっくらと成熟した状態に保って敏感肌を改善します。

>>ただのセラミドではありません!92%が満足した保湿力の秘密<<


ディセンシア つつむの評判
  • 肌に膜が張られた感じがして、肌がしっかり守られる感じがしました。
  • そのモチモチしっとり具合に衝撃を覚えました。乾燥肌の自分にはピッタリです。
  • パッティングしなくても、手で包み込むようにすると肌がもちもちになりました。
  • アルコール系の化粧水がかぶれる自分には低刺激でとても相性がいいです♪

うるおいが吸い込まれるように肌に入っていって、1日中乾燥しないという高い浸透力・保湿力を評価する声が目立ちます。